釣具を持って狙い場所に一直線。ゴムボート釣り

Fishing on the lake grandfather

仕掛け以外にも

大阪・明石へすぐ行ける明石ジギング鯛ラバは一日便で思う存分楽しめます。フィッシングガイドサービスも便利です。

狙う魚によって色々変えていかなければならないのが持ち物です。釣り上げるのに非常に苦労する大物の場合はタモで魚を救う必要になる釣具です。
手前まで大物の魚を持ってきた場合無理に持ち上げればバレてしまう可能性は非常に高いです。
タモさえあれば、頭から魚を入れ上げれば簡単に持ち上げれることもできるので非常に重要ですね。
海上釣堀や船を利用する時は用意してくれてますが、磯に行ったり、波止場から大物を狙う場合は必ず必要になってきます。

また大物を釣ったり、小さい魚を当然そのまま持って帰ることは不可能ですよね。
その場で捌いて食べるのなら別に必要ありませんが、持ち替える場合はクーラーは必ず必要になります。
魚の鮮度を守るために中に氷を入れて保存しておきましょう。

餌となる魚を生かしておくのに必要なバケツも用意しておく必要がありますし、寒い時期に釣りをするなら防寒着もキッチリとしとかなければ風邪を引いてしまいます。
海は風が非常に強いので必ず必要になってきますね。

準備をバッチリして、釣りを楽しみましょう!釣り場に行ってから、必要なものがなければ楽しめなくなりますからね。

man fishing in the sea

有ったら便利

魚釣りは、基本的に竿、リール、糸、針、餌があれば基本的に釣れます。でも本格的にやるのであれば全然足りません。
ウキ釣りにしたければ、そこにオモリとウキを使わないと駄目ですね。魚の反応がすぐわかるウキは沈んだ瞬間に針を合わせなるのに便利です。

では魚釣りには直接関係ないけど、あれば便利な釣具を紹介しましょう!
まずは針はずしです。合わせるのが遅かったり下手だったりすれば、必ず針を飲み込んでしまいます。
手で引っ張っても飲み込んでいるので、なかなか外すことはできません。思いっきり引っ張れば取れることもありますが、魚の中身も飛び出て死んでしまうことも多いです。
そうならないように魚の口に針外しを突っ込んで上手に外してあげましょう。針には絶対にカエシが付いているので外しにくくなっているのです。

もう1つは小型バサミも重要ですね。糸をハリに結んだりする時は余分に出ている糸をそのままにしておけば絡む元になります。
絡んでしまったら解くのにも時間がかかるし非常にイライラします。余分な糸を切る時や、絡まってもう一度やり直したい時もハサミで簡単にリセットできます。
もちろん虫などの餌が長い時に半分に切ったりして調整する時にも重要なハサミは釣具としては無くてはならないものですね!

woman with a fish after fishing trip

竿は一番肝心!

釣具で一番大事なのは釣竿でしょう。私は現在竿を3種類ほど持参しています。どれも高価じゃないけど素人が使うのなら十分な竿です。プロが使うような竿は1本10万とか軽く超えたりしますからね。
ではどういう風に使い分けているかを説明しましょう。

1つはサビキ用です。サビキ釣りとは、針に疑似餌が付いていて、カゴにアミエビを入れて垂らすだけの非常に簡単な仕掛けです。
釣れる魚は主にアジやイワシが多いですね。小ぶりの魚ですからそのまま持ち帰ってフライにするのも良いですが、大物狙いの餌に良くする人がいますね。

次に磯竿です。磯竿といっても、あまり磯にはいかないので防波堤から投げ釣り専用の竿にしていることが多いです。
主にキスを狙いたい時に利用しますね。

もう一つは、海上釣堀用の竿です。海上釣堀は大物が必ずいるとわかっているので、釣れる確率は非常に高いです。
ただ料金は当然払わなければならないので、ボウズは避けたいところですね。大物が5匹ほど上げることができれば元は完全に取れます。
私はいつも、取れるか取れないかのギリギリのとこで時間切れになるケースが多いですね。さすがに釣れやすい場所なので、ボウズになることはありません。

man fishing

ウキ止め

さて無くても釣れるけど、あれば便利な釣具を紹介しましたが、針はずしや、ハサミは、仕掛けには直接関係ないですよね。
では実際に重要になる仕掛けについて詳しく説明して行きましょう。

私は基本的にウキを利用して魚が食べてくれるのを待つのが好きなので、遠くに投げて竿を上げて、リールを巻いての繰り返しをする釣り方はあまりしません。
ウキ止めに関して詳しく説明していきます。

竿、リール、糸、ウキ、オモリ、針が必要なのは解ったと思います。でもこれだけでは実はまだ足りません。
海釣りの場合、魚がよくいる場所をタナと言うのですが、そこを見つけない限り魚はあまり釣ることができなくなります。
その為には、調整しなければなりませんが。ウキから針までの距離を調整するのに重要なのがウキ止めです。ウキ止めを動かして、タナを探っていくことで居場所を突き止めることができるのです。

これはウキ釣りをする上で最も重要なこと!天候や、その日の海の状態でも魚の居場所が変わってくるので見つけなければなりません。
まずは深いところから探っていって、最終的にどこが一番釣れる場所かを見つけなければなりません。
これを最初からミスってしまうと、ボウズになるということも結構ありますね。